鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

威信復活のドイツ 「欧州選手権」「ロシアW杯」連覇もあるか

公開日:  更新日:

 アルゼンチンとの決勝戦に決着をつけた選手はバイエルン・ミュンヘンに所属する22歳FWマリオ・ゲッツェだった。

 ドイツは98年W杯準々決勝敗退、00年欧州選手権1次リーグ敗退によってサッカー大国としての威信が、大きく揺らいでしまった。

 そこで02年から30億円近い年間予算を投じて発掘・育成の新システムを構築。全国約400カ所のスポーツ・シューレを拠点に発掘した若手有能選手が、年代別代表を経由しながら代表主軸に成長していった。

 現代表のMFシュバインシュタイガー(29)、FWポドルスキ(29)、MFのラーム(30)、DFメルテザッカー(29)は06年W杯から3大会連続出場を果たし、MFのエジル(25)、ケディラ(27)、FWミュラー(24)、DFボアテング(25)は10年南ア大会から連続出場である。そして決勝点のゲッツェ、アシストのFWシュルレ(23)、FWクラマー(23)、20歳のMFドラクスラーやDFギンターといった若手が、W杯初代表としてブラジルの地を踏んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る