鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

威信復活のドイツ 「欧州選手権」「ロシアW杯」連覇もあるか

公開日: 更新日:

 アルゼンチンとの決勝戦に決着をつけた選手はバイエルン・ミュンヘンに所属する22歳FWマリオ・ゲッツェだった。

 ドイツは98年W杯準々決勝敗退、00年欧州選手権1次リーグ敗退によってサッカー大国としての威信が、大きく揺らいでしまった。

 そこで02年から30億円近い年間予算を投じて発掘・育成の新システムを構築。全国約400カ所のスポーツ・シューレを拠点に発掘した若手有能選手が、年代別代表を経由しながら代表主軸に成長していった。

 現代表のMFシュバインシュタイガー(29)、FWポドルスキ(29)、MFのラーム(30)、DFメルテザッカー(29)は06年W杯から3大会連続出場を果たし、MFのエジル(25)、ケディラ(27)、FWミュラー(24)、DFボアテング(25)は10年南ア大会から連続出場である。そして決勝点のゲッツェ、アシストのFWシュルレ(23)、FWクラマー(23)、20歳のMFドラクスラーやDFギンターといった若手が、W杯初代表としてブラジルの地を踏んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る