ネット流出で世界の話題 ドイツ監督レーブの“恥ずかしい癖”

公開日: 更新日:

 イケメン指揮官として女性人気絶大のドイツ代表ヨアヒム・レーブ監督(54)は試合中に劣勢に陥ったり、選手がシュートミスを連発したりすると、「恥ずかしい癖」が2つ出てしまう。

 まずは「鼻クソをほじって食べる」である。ベンチに座って戦況を見つめるレーブ監督。イライラが高じると右手の人さし指を右の鼻の穴に突っ込み、鼻クソをほじり始める。そして鼻クソを取り出すと左手に持ち替え、口の中に放り込んでムシャムシャ。

 今W杯では1次リーグ初戦でポルトガルを4-0と一蹴した直後、ベンチ付近に立って鼻クソをほじっているとポルトガル代表のC・ロナウドとすれ違い、すかさずレーブは鼻クソをほじっていた右手を差し出してガッチリ握手。このシーンが動画サイトに流出し、レーブの鼻クソほじり癖が世界中に広まった。

 もうひとつは「脇の下の臭いを嗅ぐ」。やはり試合中に緊迫したシーンの連続になると右手を左脇の下に滑り込ませ、すぐに鼻に持っていってクンクン。嗅ぎながら恍惚の表情を浮かべるわけではないが、男性化粧品「NIVEA FOR MEN」のCMキャラクターとしても有名なイケメン監督が衆人環視の中でやる所作としては、どう考えてもムムムである。

 ドイツの準々決勝の相手は、好調フランス(日本時間5日午前1時キックオフ)。ドイツ国内では「レーブが鼻クソを何回ほじるか?」が注目されているという……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る