ネット流出で世界の話題 ドイツ監督レーブの“恥ずかしい癖”

公開日:  更新日:

 イケメン指揮官として女性人気絶大のドイツ代表ヨアヒム・レーブ監督(54)は試合中に劣勢に陥ったり、選手がシュートミスを連発したりすると、「恥ずかしい癖」が2つ出てしまう。

 まずは「鼻クソをほじって食べる」である。ベンチに座って戦況を見つめるレーブ監督。イライラが高じると右手の人さし指を右の鼻の穴に突っ込み、鼻クソをほじり始める。そして鼻クソを取り出すと左手に持ち替え、口の中に放り込んでムシャムシャ。

 今W杯では1次リーグ初戦でポルトガルを4-0と一蹴した直後、ベンチ付近に立って鼻クソをほじっているとポルトガル代表のC・ロナウドとすれ違い、すかさずレーブは鼻クソをほじっていた右手を差し出してガッチリ握手。このシーンが動画サイトに流出し、レーブの鼻クソほじり癖が世界中に広まった。

 もうひとつは「脇の下の臭いを嗅ぐ」。やはり試合中に緊迫したシーンの連続になると右手を左脇の下に滑り込ませ、すぐに鼻に持っていってクンクン。嗅ぎながら恍惚の表情を浮かべるわけではないが、男性化粧品「NIVEA FOR MEN」のCMキャラクターとしても有名なイケメン監督が衆人環視の中でやる所作としては、どう考えてもムムムである。

 ドイツの準々決勝の相手は、好調フランス(日本時間5日午前1時キックオフ)。ドイツ国内では「レーブが鼻クソを何回ほじるか?」が注目されているという……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る