決勝トーナメント無得点 メッシの「大会MVP」に疑問の声

公開日:  更新日:

 スタンドを埋めた母国サポーターの大きなため息とともに、アルゼンチンFWメッシ(27)のW杯はむなしく終わった。

 0-1で迎えた延長後半ロスタイム。ペナルティーエリア右手前で相手MFシュバインシュタイガーに倒された。自ら獲得したFKは事実上のラストプレー。同点ゴールを狙って振り抜いた左足のシュートはしかし、ゴール右上に大きく外れた。

 120分を戦って、放ったシュートはわずかに4本。枠に飛んだのは、1本もなかった。1次リーグで4得点を挙げながら、決勝トーナメントでは無得点。決定的な仕事ができなければ、「世界一のストライカー」は、「世界一の怠け者」のそしりは免れない。

 サッカージャーナリストの六川亨氏が言う。

「ボールを持った瞬間的な動きには目を見張るものがあったとはいえ、この日も大半がピッチ内をちんたらと歩いているだけ。守備の負担を減らして攻撃に専念させるための“戦術”であるといっても、ボールを持った敵が目の前にいるにもかかわらず、それを追おうともしない。決勝トーナメントに入ってからは体のキレ、運動量とも、肉体的に何かしらのトラブルを抱えているのでは? と思いたくなるほど、精彩を欠いた。メッシ自身はもちろん、彼と心中することを選んだサベラ監督の采配、戦術にも当然、批判が集まると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る