決勝トーナメント無得点 メッシの「大会MVP」に疑問の声

公開日: 更新日:

 スタンドを埋めた母国サポーターの大きなため息とともに、アルゼンチンFWメッシ(27)のW杯はむなしく終わった。

 0-1で迎えた延長後半ロスタイム。ペナルティーエリア右手前で相手MFシュバインシュタイガーに倒された。自ら獲得したFKは事実上のラストプレー。同点ゴールを狙って振り抜いた左足のシュートはしかし、ゴール右上に大きく外れた。

 120分を戦って、放ったシュートはわずかに4本。枠に飛んだのは、1本もなかった。1次リーグで4得点を挙げながら、決勝トーナメントでは無得点。決定的な仕事ができなければ、「世界一のストライカー」は、「世界一の怠け者」のそしりは免れない。

 サッカージャーナリストの六川亨氏が言う。

「ボールを持った瞬間的な動きには目を見張るものがあったとはいえ、この日も大半がピッチ内をちんたらと歩いているだけ。守備の負担を減らして攻撃に専念させるための“戦術”であるといっても、ボールを持った敵が目の前にいるにもかかわらず、それを追おうともしない。決勝トーナメントに入ってからは体のキレ、運動量とも、肉体的に何かしらのトラブルを抱えているのでは? と思いたくなるほど、精彩を欠いた。メッシ自身はもちろん、彼と心中することを選んだサベラ監督の采配、戦術にも当然、批判が集まると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る