日ハム4番・中田の負傷で気がかりな大谷への“シワ寄せ”

公開日: 更新日:

「4番不在」が思わぬしわ寄せになるかもしれない。

 15日の西武戦で、日本ハム中田翔(25)が今季初のスタメン落ち。ヒザの慢性的な痛みに悩まされ、ここ数試合はDH出場が続いていた。

 とはいえ、中田がここ2年間でスタメン落ちしたのは昨季、死球で骨折した時くらいのもの。12年も不調やケガに苦しめられながら、シーズン144試合に出場。CSと日本シリーズも含めて全試合に出場している。

 中田を一人前の4番に育てるのは球団と栗山監督の間で一致している方針。それを曲げてまで休ませるのだから、ヒザの状態はよほど悪いのだろう。

 リーグ最多56打点の4番がいなければ、チームの得点力は半減しかねない。となれば、出番が増えそうなのが「打者」としての大谷翔平(20)だ。なにせ、1試合にホームランを2本も打つ強打者。いくら今季が投手優先とはいえ、打線のことを考えれば使わない手はないし、そもそも栗山監督がどこまで我慢できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  8. 7

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  9. 8

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 9

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る