代理人関係者が明かす…ヤ軍が狙う「田中の次」は日ハム大谷

公開日:  更新日:

 米大リーグ、ヤンキースが早くも「第2のマー君」探しに目の色を変えている。

 右肘靱帯部分断裂で戦列を離れたとはいえ、前半戦でメジャートップの12勝(4敗)を挙げた田中将大(25)の投球を現場はもちろん、フロントも絶賛。日本のプロ野球のエース級を改めて評価し、先日は育成担当特別補佐のトレイ・ヒルマン氏(51)が来日して日本ハムの大谷翔平(20)や広島の前田健太(26)を視察した。

 中でも前田はこのオフ、入札制度(ポスティングシステム)によるメジャー挑戦がウワサされていて、球団も基本的にエースのメジャー移籍を容認する方針。ヤンキース以外にもドジャース、マリナーズ、パイレーツ、インディアンスなどのスカウトがネット裏から熱視線を送っているものの、「ヤンキースの評価はいまひとつだと聞いています」と、西海岸の代理人関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る