代理人関係者が明かす…ヤ軍が狙う「田中の次」は日ハム大谷

公開日:  更新日:

 米大リーグ、ヤンキースが早くも「第2のマー君」探しに目の色を変えている。

 右肘靱帯部分断裂で戦列を離れたとはいえ、前半戦でメジャートップの12勝(4敗)を挙げた田中将大(25)の投球を現場はもちろん、フロントも絶賛。日本のプロ野球のエース級を改めて評価し、先日は育成担当特別補佐のトレイ・ヒルマン氏(51)が来日して日本ハムの大谷翔平(20)や広島の前田健太(26)を視察した。

 中でも前田はこのオフ、入札制度(ポスティングシステム)によるメジャー挑戦がウワサされていて、球団も基本的にエースのメジャー移籍を容認する方針。ヤンキース以外にもドジャース、マリナーズ、パイレーツ、インディアンスなどのスカウトがネット裏から熱視線を送っているものの、「ヤンキースの評価はいまひとつだと聞いています」と、西海岸の代理人関係者がこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る