日ハム 中田翔の“怠慢プレー”叱れない首脳陣の体たらく

公開日: 更新日:

 日本ハム7年目の中田翔(25)は、チーム内で日本人選手唯一の長距離砲。4番として本来ならリーダーになってしかるべきなのに、ナインを牽引するどころかブレーキになることもしばしばだという。

 ベンチが追い上げムードで盛り上がれば、リーダーは先頭に立って声を出し、ナインの士気を鼓舞する。中田はしかし、自分の打撃が思うようにいかないと、ひとりふてくされ雰囲気に水を差すことも珍しくない。チームで義務付けられている守備位置への全力疾走を怠ることもある。

■腫れ物扱い

 そんな中田に対して首脳陣はまるで腫れ物に触るよう。以前なら福良ヘッドコーチ(現オリックス)がマンツーマンで中田を「おまえが引っ張らなきゃアカンやろ!」と叱り飛ばしていた。が、いまの首脳陣には栗山監督を筆頭に中田を怒れる人がいない。厳しくしないから、本人も現状のままでよしとしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  3. 3

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  7. 7

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  8. 8

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  9. 9

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  10. 10

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る