日ハム 中田翔の“怠慢プレー”叱れない首脳陣の体たらく

公開日: 更新日:

 日本ハム7年目の中田翔(25)は、チーム内で日本人選手唯一の長距離砲。4番として本来ならリーダーになってしかるべきなのに、ナインを牽引するどころかブレーキになることもしばしばだという。

 ベンチが追い上げムードで盛り上がれば、リーダーは先頭に立って声を出し、ナインの士気を鼓舞する。中田はしかし、自分の打撃が思うようにいかないと、ひとりふてくされ雰囲気に水を差すことも珍しくない。チームで義務付けられている守備位置への全力疾走を怠ることもある。

■腫れ物扱い

 そんな中田に対して首脳陣はまるで腫れ物に触るよう。以前なら福良ヘッドコーチ(現オリックス)がマンツーマンで中田を「おまえが引っ張らなきゃアカンやろ!」と叱り飛ばしていた。が、いまの首脳陣には栗山監督を筆頭に中田を怒れる人がいない。厳しくしないから、本人も現状のままでよしとしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る