2年で辞表4回 日ハム大谷にのしかかる栗山監督のクビ

公開日: 更新日:

「少しですけど、分かりかけてきた気がします」
 日本ハムの大谷翔平(20)が、親しい放送関係者から投球に関して何かつかんだのかと聞かれてこう答えたという。

 開幕直後に140キロ台だった速球の球速は、ほとんど150キロ台に。平均球速が10キロ近くアップしたばかりか、スライダーやフォークなどの変化球でストライクを取れる確率もアップした。

「首脳陣は大谷の転機を5月20日の中日戦とみています。五回まで2安打に抑えながら、六回につかまって1死も取れないまま降板した。投球が劇的に変わったのはあの後からだとね。どうやらオフの筋トレによってふた回りくらい大きくなった体の使い方をつかんだようだと首脳陣は思っています」(前出の関係者)

 厚沢投手コーチも「このまま(投手としては順調に)いきますよ」と話しているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る