2年で辞表4回 日ハム大谷にのしかかる栗山監督のクビ

公開日:  更新日:

「少しですけど、分かりかけてきた気がします」
 日本ハムの大谷翔平(20)が、親しい放送関係者から投球に関して何かつかんだのかと聞かれてこう答えたという。

 開幕直後に140キロ台だった速球の球速は、ほとんど150キロ台に。平均球速が10キロ近くアップしたばかりか、スライダーやフォークなどの変化球でストライクを取れる確率もアップした。

「首脳陣は大谷の転機を5月20日の中日戦とみています。五回まで2安打に抑えながら、六回につかまって1死も取れないまま降板した。投球が劇的に変わったのはあの後からだとね。どうやらオフの筋トレによってふた回りくらい大きくなった体の使い方をつかんだようだと首脳陣は思っています」(前出の関係者)

 厚沢投手コーチも「このまま(投手としては順調に)いきますよ」と話しているそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る