球団はクビも考慮…イチローはトレードならずも安閑できず

公開日: 更新日:

 7月31日のトレード期限までに「商談」は成立しなかった。しかし、だからといって、チーム内部の位置付けが変わるわけではない。8月1日以降でも、ウエーバーを通過させればトレードは可能だし、まだまだ安閑とはできないのがヤンキースのイチロー(40)だ。

 ヤンキースはトレード期限の7月31日に内外野を守れるプラド(30)をダイヤモンドバックスから獲得した。イチローは7月13日からの13試合で38打数3安打の打率7分9厘。7月30日から2試合続けてベンチを温めた。NYメディアはプラドが右翼の守備に就き、右翼のイチローは再び控えに回ると報じている。

 とはいえ、イチローはプラドが加入した時点で余剰人員。駆け込みトレードまでやって本気でプレーオフ進出を目指すヤンキースが、このまま25人枠に入った選手をひとり遊ばせておくとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る