• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球団はクビも考慮…イチローはトレードならずも安閑できず

 7月31日のトレード期限までに「商談」は成立しなかった。しかし、だからといって、チーム内部の位置付けが変わるわけではない。8月1日以降でも、ウエーバーを通過させればトレードは可能だし、まだまだ安閑とはできないのがヤンキースのイチロー(40)だ。

 ヤンキースはトレード期限の7月31日に内外野を守れるプラド(30)をダイヤモンドバックスから獲得した。イチローは7月13日からの13試合で38打数3安打の打率7分9厘。7月30日から2試合続けてベンチを温めた。NYメディアはプラドが右翼の守備に就き、右翼のイチローは再び控えに回ると報じている。

 とはいえ、イチローはプラドが加入した時点で余剰人員。駆け込みトレードまでやって本気でプレーオフ進出を目指すヤンキースが、このまま25人枠に入った選手をひとり遊ばせておくとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る