日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

球団はクビも考慮…イチローはトレードならずも安閑できず

 7月31日のトレード期限までに「商談」は成立しなかった。しかし、だからといって、チーム内部の位置付けが変わるわけではない。8月1日以降でも、ウエーバーを通過させればトレードは可能だし、まだまだ安閑とはできないのがヤンキースのイチロー(40)だ。

 ヤンキースはトレード期限の7月31日に内外野を守れるプラド(30)をダイヤモンドバックスから獲得した。イチローは7月13日からの13試合で38打数3安打の打率7分9厘。7月30日から2試合続けてベンチを温めた。NYメディアはプラドが右翼の守備に就き、右翼のイチローは再び控えに回ると報じている。

 とはいえ、イチローはプラドが加入した時点で余剰人員。駆け込みトレードまでやって本気でプレーオフ進出を目指すヤンキースが、このまま25人枠に入った選手をひとり遊ばせておくとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事