今なら支障なし イチロー「敗戦処理投手」起用の仰天プラン

公開日:  更新日:

 ヤンキース・イチローが、ベンチで戦況を見守り続けた。

 1日(日本時間2日)、アストロズとの開幕戦でスタメン落ち。結局出場機会はめぐってこなかった。イチローが開幕オーダーから外れたのは、胃潰瘍で故障者リスト(DL)入りした09年以外では初めてのことだ。イチローは試合後、「今日の展開では、(途中出場は)なかなかないでしょう」と話したという。

 今季はすでに外野の控えとしてベンチを温めることが決まっており、代走や守備固めでの待機を強いられる。外野の布陣は万全なだけに、昨季以上に出場機会が減るだろう。

 金満のヤンキースでも、年俸6億5000万円のベテランを黙ってベンチに置いておくはずがない。

■今シーズンは投手起用も

 イチローの役割は守備固め、代走に限らない。実は投手としての才能もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る