活躍も途中交代…イチローのレギュラー復帰阻むチーム方針

公開日: 更新日:

 チームの緊急時にも、ヤンキース・イチロー(40)に対する指揮官の信頼度は低い。

 21日のカブス戦は「7番・右翼」でスタメン出場し、5打数2安打1打点。九回には今季3個目の盗塁に成功。攻守にわたる働きを見せながら、延長十一回裏に投手交代のため退き、勝利の瞬間はベンチで見守った。

 ここに来て正右翼手ベルトランが右ひじを痛めて故障者リスト(DL)入り。3Aから急きょ若手のアルモンテ外野手(24)を昇格させるなど、投手陣も含めてジラルディ監督は選手のやりくりに頭を悩ませている。

 主将ジーターが今季限りでの引退を表明するなど、チームは過渡期に差し掛かっていることから、今季は若手を積極的に起用している。

 だからだろう。ベルトランが戦列を離れた際、ジラルディ監督は今後のイチローの起用法について「その日の調子や状態を見ながらになるだろう」と曖昧な発言に終始した。

 手薄な戦力でもヤンキースは現時点で上位争いの輪に加わっている。ベテラン外野手は実績のない若手にベンチに追いやられるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る