日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

活躍も途中交代…イチローのレギュラー復帰阻むチーム方針

 チームの緊急時にも、ヤンキース・イチロー(40)に対する指揮官の信頼度は低い。

 21日のカブス戦は「7番・右翼」でスタメン出場し、5打数2安打1打点。九回には今季3個目の盗塁に成功。攻守にわたる働きを見せながら、延長十一回裏に投手交代のため退き、勝利の瞬間はベンチで見守った。

 ここに来て正右翼手ベルトランが右ひじを痛めて故障者リスト(DL)入り。3Aから急きょ若手のアルモンテ外野手(24)を昇格させるなど、投手陣も含めてジラルディ監督は選手のやりくりに頭を悩ませている。

 主将ジーターが今季限りでの引退を表明するなど、チームは過渡期に差し掛かっていることから、今季は若手を積極的に起用している。

 だからだろう。ベルトランが戦列を離れた際、ジラルディ監督は今後のイチローの起用法について「その日の調子や状態を見ながらになるだろう」と曖昧な発言に終始した。

 手薄な戦力でもヤンキースは現時点で上位争いの輪に加わっている。ベテラン外野手は実績のない若手にベンチに追いやられるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事