• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ケガで打撃を生かせないイチローの「加齢」と「不運」

恩師が復活にお墨付きも

 ヤンキース・イチロー(40)が珍しく故障で欠場した。11日のブルワーズ戦の六回の守備で負傷したひざと腰は、13日(日本時間14日)になっても痛みが引かず、試合前の全体練習にも参加しなかった。これまで故障が少なくタフな選手として知られたイチローが、2戦連続の欠場である。

 今季のイチローは外野の5番手扱い。ベンチを温める機会が多いものの、ここまで30試合に出場して55打数20安打の打率3割6分4厘。スタメン出場した12試合のうち、7試合でマルチを記録するなど、少ないチャンスを確実に生かしている。

 11年に連続200安打が途切れてから、打撃の調子は右肩下がり。昨季は米メディアが年齢的な衰えを指摘したが、限界説を吹き飛ばすような働きぶりである。

「開幕から現時点までの打撃を見る限り、全盛期の状態に戻りました」とオリックス時代の恩師である評論家の河村健一郎氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る