初戦敗退の龍谷大平安 原田監督が漏らしていた伝統校の重圧

公開日: 更新日:

「初回がすべてです。あの5点が響いた。5点を返す力がない。限界を超えていた」

 こう言って肩を落としたのは龍谷大平安(京都)の原田英彦監督(54)だ。開会式直後の第1試合の初回、春日部共栄(埼玉)相手にいきなり5失点。七回に1点を返すのがやっとで、史上8校目となる春夏連覇の夢はあっさり消えた。

 春夏合わせて71回目の甲子園は史上最多。プロ野球界にも名だたるOBがごまんといる。伝統校を率いる原田監督のプレッシャーはハンパじゃない。大会直前、原田監督は本紙記者にこう言っていた。

「そらもう、OBの数は多いし、負けたらOBやファンの批判がハンパないですから。『ガンバレ』と応援してくれるのは1年目だけ。あとは負けたら批判の嵐。甲子園に出ても、1回戦で負けて学校に帰ったときは先輩OBに説教されるし、大勢のファンに囲まれて『コラ原田、土下座せい!』ですから。練習試合でも強烈なヤジが飛んできます。『何やっとんねん! 辞めてまえ!』なんて言われるのはよくあることですわ。ヤジられながら、心の中では『なんでそこまで言われなアカンの? オレ、プロ野球の監督とちゃうぞ』って(苦笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る