智弁・岡本だけじゃない スカウトが注目「7人の特A打者」

公開日:  更新日:

 9日に開幕する甲子園。灼熱の大会は投手が消耗するため、「夏は打力」ともいわれる。打者でドラフト候補はいるのか。特A選手は誰か。複数のプロのスカウトに聞いた。

 ナンバーワン・スラッガーは智弁学園(奈良)の岡本和真内野手(3年=183センチ、95キロ)。今春のセンバツで2本塁打、奈良大会でも3発を放った。高校通算73本塁打。天理との決勝では左翼席を越える特大の場外弾で、ネット裏に陣取ったスカウトの度肝を抜いた。在阪球団のスカウトが言う。
「打撃は本物。逆方向へ長打が打てるのが魅力。スイングスピード、ヘッドスピード、どれを取っても高校生離れしている。打球が速いから、ファウルを打っただけでスタンドがどよめく。こんな選手、最近いませんでした」

 九州国際大付(福岡)の清水優心捕手(3年=185センチ、85キロ)は恵まれた体格。主将、4番としてチームを牽引する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る