東邦・森田監督が語る「選手争奪戦」「強豪校監督逮捕」

公開日:  更新日:

 12日に登場する東邦(愛知)は6年ぶり16回目の出場。指揮を執る森田泰弘監督(55)はOBで駒大、本田技研鈴鹿を経て、83年にコーチ就任、04年に阪口慶三監督(現大垣日大監督)からバトンを引き継いだ。激戦区・愛知県の選手集めや、県内の強豪校・豊田大谷の監督が逮捕されたことなどを聞いた。

――中京大中京や愛工大名電など全国でも知られる強豪がいる激戦区で、優秀な中学生の確保も大変なのでは?

「中京と名電でいえば、ウチとの違いは併設の大学の知名度ですね。ウチにも(01年設立の)愛知東邦大学があるんですが、中京大、愛工大と比べると歴史や認知度に差がある。父兄はやはり<大学への進学実績はどうなのか?>と卒業後の進路を気にしますんでね」

――大半がエスカレーターで大学に行ける中京や名電になびくことも少なくないと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る