目玉は誰? プロスカウトが見た夏の甲子園「注目投手」

公開日: 更新日:

 9日に開幕する夏の甲子園。名将といわれる監督ほど「最後にものをいうのは選手の和」と建前を強調するものだが、突出した個の力がチームを押し上げることは珍しいことではない。松坂大輔しかり、田中将大しかりである。ドラフト上位候補が軒並み県予選で姿を消した今大会、注目すべき「特A選手」はいるのか。複数のプロのスカウトに聞いてみた。

■ナンバーワンは盛岡大付の二刀流

 5人のスカウトが「今大会の投手の目玉」と口を揃えたのが、盛岡大付(岩手)の3年生右腕、松本裕樹だ。183センチ、80キロの体から繰り出す直球は今大会最速の150キロ。打っては、高校通算54本塁打の「二刀流」としても注目される。

「二刀流と球速がフォーカスされているが、ただ速いだけではない。投手としては『技巧派』と言ってもいいくらい、変化球もレベルが高い。スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと持ち球は多彩。県大会では5試合で42イニングを投げて42三振を奪った。ヒジを柔らかく使える投手で、真っすぐには伸びがあり、変化球にはキレがある。異常なほどテンポが速いのも特徴で、常に主導権を握って投げられる。複数の球団が外れ1位候補に挙げています」とは、在京球団のスカウトである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  7. 7

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  8. 8

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道 強まるノ・ミヌ側の“売名行為”リーク説

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る