目玉は誰? プロスカウトが見た夏の甲子園「注目投手」

公開日:  更新日:

 9日に開幕する夏の甲子園。名将といわれる監督ほど「最後にものをいうのは選手の和」と建前を強調するものだが、突出した個の力がチームを押し上げることは珍しいことではない。松坂大輔しかり、田中将大しかりである。ドラフト上位候補が軒並み県予選で姿を消した今大会、注目すべき「特A選手」はいるのか。複数のプロのスカウトに聞いてみた。

■ナンバーワンは盛岡大付の二刀流

 5人のスカウトが「今大会の投手の目玉」と口を揃えたのが、盛岡大付(岩手)の3年生右腕、松本裕樹だ。183センチ、80キロの体から繰り出す直球は今大会最速の150キロ。打っては、高校通算54本塁打の「二刀流」としても注目される。

「二刀流と球速がフォーカスされているが、ただ速いだけではない。投手としては『技巧派』と言ってもいいくらい、変化球もレベルが高い。スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップと持ち球は多彩。県大会では5試合で42イニングを投げて42三振を奪った。ヒジを柔らかく使える投手で、真っすぐには伸びがあり、変化球にはキレがある。異常なほどテンポが速いのも特徴で、常に主導権を握って投げられる。複数の球団が外れ1位候補に挙げています」とは、在京球団のスカウトである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る