茨城・藤代の菊地一郎監督に聞く「県立校のスカウティング」

公開日:  更新日:

――そもそも監督は龍ケ崎一高から法大を経て、松丘、守谷、そして藤代と県内の高校を転々としている。転勤が多いと大変じゃないですか?

「茨城の県立は10年で転勤というのがあるので大変です。私学は職員としてひとつの学校でずっと指導ができますが、僕らはできません。ただ、監督が転勤したら部が弱くなるというのは、監督として一番の失敗だと思っています。それくらいの組織しかつくれなかったんだと。応援してくれる後援会も大切にしながら、いずれ自分がいなくなっても、次の人に組織をつなげていかないといけない。それが僕の高校時代の恩師である持丸修一監督(現専大松戸高監督)が就任してから、5回の甲子園出場につながっていると思う。僕の前任(張替監督)は野球経験がないのに甲子園に導いている。だから持丸先生のつくった形を壊さないようにと思って常にやっています」

――3年前も常総、霞ケ浦に勝って夏の甲子園に出ていますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る