茨城・藤代の菊地一郎監督に聞く「県立校のスカウティング」

公開日: 更新日:

――そもそも監督は龍ケ崎一高から法大を経て、松丘、守谷、そして藤代と県内の高校を転々としている。転勤が多いと大変じゃないですか?

「茨城の県立は10年で転勤というのがあるので大変です。私学は職員としてひとつの学校でずっと指導ができますが、僕らはできません。ただ、監督が転勤したら部が弱くなるというのは、監督として一番の失敗だと思っています。それくらいの組織しかつくれなかったんだと。応援してくれる後援会も大切にしながら、いずれ自分がいなくなっても、次の人に組織をつなげていかないといけない。それが僕の高校時代の恩師である持丸修一監督(現専大松戸高監督)が就任してから、5回の甲子園出場につながっていると思う。僕の前任(張替監督)は野球経験がないのに甲子園に導いている。だから持丸先生のつくった形を壊さないようにと思って常にやっています」

――3年前も常総、霞ケ浦に勝って夏の甲子園に出ていますね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る