赤星の“悪夢”も…DeNA筒香「交錯アクシデント」の深刻度

公開日: 更新日:

 思い出したくないシーンだ。

 DeNAの左翼を守る筒香は初回、中日大島の放った左中間の打球を捕球しようとして中堅の梶谷と交錯。後頭部を地面に強打し倒れ込むとピクリとも動かない。医師の呼びかけにも反応せず、スタンドからは「筒香、頑張れ!」の声援が飛ぶ。

 医師の手を握り返すなど徐々に反応するようになったが、頭を打っているだけに動かせない。球場内に入ってきた救急車に頭を固定され乗せられるとすぐに病院へ向かった。検査の結果、「脳振とう」「頚椎振とう」と診断された。球団によれば、意識はあり、手足も動かせるという。

 気になるのは、球場で筒香に寄り添っていた医師の「頚椎が心配」という言葉。

 09年に引退した阪神の赤星も、ダイビングキャッチなどの激しいプレーのダメージにより頚椎を損傷。それでもプレーを続け、結局中心性脊髄損傷で現役続行を諦めた。

 筒香はプロ5年目にしてようやく花開いたと思ったら、このアクシデント。大事に至らないことを願うばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る