赤星の“悪夢”も…DeNA筒香「交錯アクシデント」の深刻度

公開日: 更新日:

 思い出したくないシーンだ。

 DeNAの左翼を守る筒香は初回、中日大島の放った左中間の打球を捕球しようとして中堅の梶谷と交錯。後頭部を地面に強打し倒れ込むとピクリとも動かない。医師の呼びかけにも反応せず、スタンドからは「筒香、頑張れ!」の声援が飛ぶ。

 医師の手を握り返すなど徐々に反応するようになったが、頭を打っているだけに動かせない。球場内に入ってきた救急車に頭を固定され乗せられるとすぐに病院へ向かった。検査の結果、「脳振とう」「頚椎振とう」と診断された。球団によれば、意識はあり、手足も動かせるという。

 気になるのは、球場で筒香に寄り添っていた医師の「頚椎が心配」という言葉。

 09年に引退した阪神の赤星も、ダイビングキャッチなどの激しいプレーのダメージにより頚椎を損傷。それでもプレーを続け、結局中心性脊髄損傷で現役続行を諦めた。

 筒香はプロ5年目にしてようやく花開いたと思ったら、このアクシデント。大事に至らないことを願うばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり