赤星の“悪夢”も…DeNA筒香「交錯アクシデント」の深刻度

公開日: 更新日:

 思い出したくないシーンだ。

 DeNAの左翼を守る筒香は初回、中日大島の放った左中間の打球を捕球しようとして中堅の梶谷と交錯。後頭部を地面に強打し倒れ込むとピクリとも動かない。医師の呼びかけにも反応せず、スタンドからは「筒香、頑張れ!」の声援が飛ぶ。

 医師の手を握り返すなど徐々に反応するようになったが、頭を打っているだけに動かせない。球場内に入ってきた救急車に頭を固定され乗せられるとすぐに病院へ向かった。検査の結果、「脳振とう」「頚椎振とう」と診断された。球団によれば、意識はあり、手足も動かせるという。

 気になるのは、球場で筒香に寄り添っていた医師の「頚椎が心配」という言葉。

 09年に引退した阪神の赤星も、ダイビングキャッチなどの激しいプレーのダメージにより頚椎を損傷。それでもプレーを続け、結局中心性脊髄損傷で現役続行を諦めた。

 筒香はプロ5年目にしてようやく花開いたと思ったら、このアクシデント。大事に至らないことを願うばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る