• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤星の“悪夢”も…DeNA筒香「交錯アクシデント」の深刻度

 思い出したくないシーンだ。

 DeNAの左翼を守る筒香は初回、中日大島の放った左中間の打球を捕球しようとして中堅の梶谷と交錯。後頭部を地面に強打し倒れ込むとピクリとも動かない。医師の呼びかけにも反応せず、スタンドからは「筒香、頑張れ!」の声援が飛ぶ。

 医師の手を握り返すなど徐々に反応するようになったが、頭を打っているだけに動かせない。球場内に入ってきた救急車に頭を固定され乗せられるとすぐに病院へ向かった。検査の結果、「脳振とう」「頚椎振とう」と診断された。球団によれば、意識はあり、手足も動かせるという。

 気になるのは、球場で筒香に寄り添っていた医師の「頚椎が心配」という言葉。

 09年に引退した阪神の赤星も、ダイビングキャッチなどの激しいプレーのダメージにより頚椎を損傷。それでもプレーを続け、結局中心性脊髄損傷で現役続行を諦めた。

 筒香はプロ5年目にしてようやく花開いたと思ったら、このアクシデント。大事に至らないことを願うばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る