ここまで勝率5割 今年のDeNAが「ちょっと違う」理由

公開日: 更新日:

 予想外の大健闘だ。DeNAはパで首位争いを演じているソフトバンクに延長十一回サヨナラ勝ち。興奮状態の中畑監督は中堅フェンス直撃の殊勲打を放った白崎を「よく打ってくれた。一番期待していなかった選手。私の(駒大の)後輩だけど」と言って褒めた後、「やあー気持ちいい。昨日のリベンジできておめでとうございます」とご満悦だった。

 前日は5時間21分に及ぶ長時間ゲームを落としたが、この日は4時間44分の試合をモノにした。DeNAはここまでの交流戦4カードが終わってすべて1勝1敗。このチームにとって勝率5割キープは大したものだ。

 交流戦が始まったのは05年からだが、当時の横浜は08年から3年連続勝率が2割台(6勝18敗=.250)。昨年も7勝17敗(.292)で12球団最低だった。

 あるパの球団幹部は「交流戦はおいしいイベントだが、戦力差が開きすぎているDeNA戦に限っては興行としては厳しいです。あの球団は企業努力が足りない」とボヤいていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  7. 7

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る