ここまで勝率5割 今年のDeNAが「ちょっと違う」理由

公開日:  更新日:

 予想外の大健闘だ。DeNAはパで首位争いを演じているソフトバンクに延長十一回サヨナラ勝ち。興奮状態の中畑監督は中堅フェンス直撃の殊勲打を放った白崎を「よく打ってくれた。一番期待していなかった選手。私の(駒大の)後輩だけど」と言って褒めた後、「やあー気持ちいい。昨日のリベンジできておめでとうございます」とご満悦だった。

 前日は5時間21分に及ぶ長時間ゲームを落としたが、この日は4時間44分の試合をモノにした。DeNAはここまでの交流戦4カードが終わってすべて1勝1敗。このチームにとって勝率5割キープは大したものだ。

 交流戦が始まったのは05年からだが、当時の横浜は08年から3年連続勝率が2割台(6勝18敗=.250)。昨年も7勝17敗(.292)で12球団最低だった。

 あるパの球団幹部は「交流戦はおいしいイベントだが、戦力差が開きすぎているDeNA戦に限っては興行としては厳しいです。あの球団は企業努力が足りない」とボヤいていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る