• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ここまで勝率5割 今年のDeNAが「ちょっと違う」理由

 予想外の大健闘だ。DeNAはパで首位争いを演じているソフトバンクに延長十一回サヨナラ勝ち。興奮状態の中畑監督は中堅フェンス直撃の殊勲打を放った白崎を「よく打ってくれた。一番期待していなかった選手。私の(駒大の)後輩だけど」と言って褒めた後、「やあー気持ちいい。昨日のリベンジできておめでとうございます」とご満悦だった。

 前日は5時間21分に及ぶ長時間ゲームを落としたが、この日は4時間44分の試合をモノにした。DeNAはここまでの交流戦4カードが終わってすべて1勝1敗。このチームにとって勝率5割キープは大したものだ。

 交流戦が始まったのは05年からだが、当時の横浜は08年から3年連続勝率が2割台(6勝18敗=.250)。昨年も7勝17敗(.292)で12球団最低だった。

 あるパの球団幹部は「交流戦はおいしいイベントだが、戦力差が開きすぎているDeNA戦に限っては興行としては厳しいです。あの球団は企業努力が足りない」とボヤいていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る