盛岡大付・関口監督に聞く“大谷2世”松本裕樹の実力と素顔

公開日:  更新日:

 16日登場する盛岡大付の松本裕樹は、投げて150キロ、打って高校通算54本塁打のドラフト1位候補。神奈川のボーイズリーグ出身だ。その実力、素顔、入学の経緯などを関口清治監督(37)に聞いた。

――プロ注目の右腕ですが、入学当初の印象はどうでしたか?

「1年時は体重67キロほどで線も細く、球速は最速132キロ。中学時代は上背もあるし、力がつけば投手よりも外野手として大成するのではと見ていました。当時は腰痛もあって、投手としてはなかなか勝てなかったというのもありました。だから1年秋から4番を打たせました」

――投手としてグッと伸びたのは2年になってからだそうですね。

「腰痛も改善して、投手としての可能性も見えてきたので、2年時のセンバツで先発をさせました。それ以降、夏にかけて球速が伸びてきたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  9. 9

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  10. 10

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

もっと見る