盛岡大付・関口監督に聞く“大谷2世”松本裕樹の実力と素顔

公開日: 更新日:

 16日登場する盛岡大付の松本裕樹は、投げて150キロ、打って高校通算54本塁打のドラフト1位候補。神奈川のボーイズリーグ出身だ。その実力、素顔、入学の経緯などを関口清治監督(37)に聞いた。

――プロ注目の右腕ですが、入学当初の印象はどうでしたか?

「1年時は体重67キロほどで線も細く、球速は最速132キロ。中学時代は上背もあるし、力がつけば投手よりも外野手として大成するのではと見ていました。当時は腰痛もあって、投手としてはなかなか勝てなかったというのもありました。だから1年秋から4番を打たせました」

――投手としてグッと伸びたのは2年になってからだそうですね。

「腰痛も改善して、投手としての可能性も見えてきたので、2年時のセンバツで先発をさせました。それ以降、夏にかけて球速が伸びてきたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る