日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

盛岡大付・関口監督に聞く“大谷2世”松本裕樹の実力と素顔

 16日登場する盛岡大付の松本裕樹は、投げて150キロ、打って高校通算54本塁打のドラフト1位候補。神奈川のボーイズリーグ出身だ。その実力、素顔、入学の経緯などを関口清治監督(37)に聞いた。

――プロ注目の右腕ですが、入学当初の印象はどうでしたか?

「1年時は体重67キロほどで線も細く、球速は最速132キロ。中学時代は上背もあるし、力がつけば投手よりも外野手として大成するのではと見ていました。当時は腰痛もあって、投手としてはなかなか勝てなかったというのもありました。だから1年秋から4番を打たせました」

――投手としてグッと伸びたのは2年になってからだそうですね。

「腰痛も改善して、投手としての可能性も見えてきたので、2年時のセンバツで先発をさせました。それ以降、夏にかけて球速が伸びてきたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事