智弁・小坂監督が語る“通算73本塁打”岡本和真の「素顔」

公開日:  更新日:

 15日は智弁学園(奈良)の岡本和真内野手(3年=右投げ右打ち)が登場する。高校通算73本塁打、センバツでも1試合2本塁打を放ったドラフト1位候補だ。その実力、素顔、学校の成績などを小坂将商監督(37)に聞いた。

――岡本は奈良出身ですけど、中学時代に全日本の4番を打って引く手あまただったと思います。智弁に入った経緯は?

「これは偶然ですけど、僕の嫁さんのお母さんと、岡本のおばあちゃんが以前からの知り合いで仲が良かったんです。おばあちゃんが薦めてくれたのもあったと思います。特待生制度もないのによく入ってくれたと思います」

――入学当時の印象は?

「右方向に大きな打球を打つのは天性のものがあった。打撃に関しては、フォームのバランスのことを言うくらいです。練習にしても1日700スイング、多いときには2000スイングをやるんですけど、ついてきましたしね。普段の打撃練習はマスコットバットでやらせてます。普通の木のバットだと、ウチのグラウンドでは場外に飛んでいくんで危ないんです(苦笑い)。太もも回りは60センチほどあり、下半身もどっしりしてます。ただ入った頃は、ボール球を振ったり、打撃の調子を落としたときに、雰囲気が暗くなるところがあった。そういう姿はチーム全体に影響しますから、厳しく注意してました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る