智弁・小坂監督が語る“通算73本塁打”岡本和真の「素顔」

公開日: 更新日:

 15日は智弁学園(奈良)の岡本和真内野手(3年=右投げ右打ち)が登場する。高校通算73本塁打、センバツでも1試合2本塁打を放ったドラフト1位候補だ。その実力、素顔、学校の成績などを小坂将商監督(37)に聞いた。

――岡本は奈良出身ですけど、中学時代に全日本の4番を打って引く手あまただったと思います。智弁に入った経緯は?

「これは偶然ですけど、僕の嫁さんのお母さんと、岡本のおばあちゃんが以前からの知り合いで仲が良かったんです。おばあちゃんが薦めてくれたのもあったと思います。特待生制度もないのによく入ってくれたと思います」

――入学当時の印象は?

「右方向に大きな打球を打つのは天性のものがあった。打撃に関しては、フォームのバランスのことを言うくらいです。練習にしても1日700スイング、多いときには2000スイングをやるんですけど、ついてきましたしね。普段の打撃練習はマスコットバットでやらせてます。普通の木のバットだと、ウチのグラウンドでは場外に飛んでいくんで危ないんです(苦笑い)。太もも回りは60センチほどあり、下半身もどっしりしてます。ただ入った頃は、ボール球を振ったり、打撃の調子を落としたときに、雰囲気が暗くなるところがあった。そういう姿はチーム全体に影響しますから、厳しく注意してました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

もっと見る