• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君が右肘に張り…調整逆戻り、今季絶望の可能性も

 全米を席巻した右腕のルーキーイヤーは、早くも終了なのかもしれない。

 ヤンキースは29日(日本時間30日)、右肘の靱帯部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(25)が遠征先のトロントを離れ、本拠地ニューヨークに戻ると発表。ジラルディ監督は具体的な内容は明かさなかったものの、患部の状態に関してチームドクターの診察を受けるとみられる。

 ブルージェイズ戦を前に取材に応じた田中は患部の痛みが再発したことは否定し「投げ始めや(調整)段階が上がった時に張りとかが出てくる。(28日にシート打撃に登板して)物足りなさを感じてもう少し強化が必要だと感じた。時間が欲しいと(首脳陣に)伝えました」と説明した。

 ジラルディ監督によれば、30日からはヤンキースタジアムでトレーニングを行い、肩、肘の強化を図る。1週間はブルペンでの投球練習は行わず、キャッチボールのみで調整するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る