マー君が右肘に張り…調整逆戻り、今季絶望の可能性も

公開日: 更新日:

 全米を席巻した右腕のルーキーイヤーは、早くも終了なのかもしれない。

 ヤンキースは29日(日本時間30日)、右肘の靱帯部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(25)が遠征先のトロントを離れ、本拠地ニューヨークに戻ると発表。ジラルディ監督は具体的な内容は明かさなかったものの、患部の状態に関してチームドクターの診察を受けるとみられる。

 ブルージェイズ戦を前に取材に応じた田中は患部の痛みが再発したことは否定し「投げ始めや(調整)段階が上がった時に張りとかが出てくる。(28日にシート打撃に登板して)物足りなさを感じてもう少し強化が必要だと感じた。時間が欲しいと(首脳陣に)伝えました」と説明した。

 ジラルディ監督によれば、30日からはヤンキースタジアムでトレーニングを行い、肩、肘の強化を図る。1週間はブルペンでの投球練習は行わず、キャッチボールのみで調整するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る