ヤ軍PO進出確率6.3%なのに…マー君は復帰なぜ急ぐ?

公開日:  更新日:

 6.3%――これは18日現在(日本時間19日現在)、ヤンキースがプレーオフに進出する確率だ。米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)がはじき出した。

 同地区首位のオリオールズとは7.5ゲーム差の2位。地区優勝はほとんど絶望的なうえ、2位の勝率上位2チームが戦う権利を得るワイルドカード争いでも4位。ヤンキースがプレーオフに駒を進めるのは至難の業なのだ。田中将大(25)は、それでも今季中の復帰を目指す。

 この日は試合前のヤンキースタジアムで軽めのキャッチボール。ジラルディ監督によれば、20日(日本時間21日)ブルペンで変化球を投げるという。16日にブルペンで直球のみ25球。18日には平地でスライダーとスプリットを5球ずつ投げていた。

■ファンも今シーズン復帰を望まず

 キャプテン・ジーター(40)の今季限りでの引退が決定。チームの顔であるスター選手の最終シーズンとあって、プレーオフ進出の確率がゼロになるまであきらめるわけにはいかない事情がヤンキースにはある。「7年総額162億円」で入団した田中も、多少無理をしても復帰を急ぐ、いや、急がざるを得ないのが実情だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る