ヤ軍PO進出確率6.3%なのに…マー君は復帰なぜ急ぐ?

公開日: 更新日:

 6.3%――これは18日現在(日本時間19日現在)、ヤンキースがプレーオフに進出する確率だ。米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)がはじき出した。

 同地区首位のオリオールズとは7.5ゲーム差の2位。地区優勝はほとんど絶望的なうえ、2位の勝率上位2チームが戦う権利を得るワイルドカード争いでも4位。ヤンキースがプレーオフに駒を進めるのは至難の業なのだ。田中将大(25)は、それでも今季中の復帰を目指す。

 この日は試合前のヤンキースタジアムで軽めのキャッチボール。ジラルディ監督によれば、20日(日本時間21日)ブルペンで変化球を投げるという。16日にブルペンで直球のみ25球。18日には平地でスライダーとスプリットを5球ずつ投げていた。

■ファンも今シーズン復帰を望まず

 キャプテン・ジーター(40)の今季限りでの引退が決定。チームの顔であるスター選手の最終シーズンとあって、プレーオフ進出の確率がゼロになるまであきらめるわけにはいかない事情がヤンキースにはある。「7年総額162億円」で入団した田中も、多少無理をしても復帰を急ぐ、いや、急がざるを得ないのが実情だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る