• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「来年に備えて」が66% マー君早期復帰にファン懐疑的

 右肘の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(25)が12日(日本時間13日)、遠征先のボルティモアで2日連続のキャッチボールを行った。敵地は朝から大雨が降ったため、グラウンドではなく、球場の通路で投げた。

 順調な回復を見せる中、「新人右腕の復帰は早すぎるのではないか」――。全米のファンの間からはこんな声が上がっている。

 スポーツ専門局「ESPN」(電子版)は12日、「タナカはリハビリを続けるべきか?」というアンケートを実施。今季中の復帰を待望するのはわずか34%で、「来年に備えるべき」との回答が66%を占めている。

 ヤンキースは61勝57敗の勝率5割1分7厘で首位オリオールズとは7ゲーム差のア・リーグ東地区3位(11日現在)。現状ではポストシーズン進出は微妙な状況なだけに、ルーキー右腕の復帰を急ぐ必要はないと多くのファンは見ているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る