ヤ軍監督も消極発言に変化…マー君今季復帰に暗雲の理由

公開日:  更新日:

 右肘靱帯部分断裂で故障者リスト(DL)に入っているヤンキース・田中将大(25)の復帰に黄信号がともった。

 28日(日本時間29日)にはチームの遠征先であるデトロイトでシート打撃に登板。同僚のライアン内野手を相手に3回、49球。捕手とサイン交換しながらカウントを取り、スプリットを含む全ての球種を投げ込んだ。時折、制球を乱すシーンもあり、マウンド上では終始、険しい表情を崩さなかった。

 故障後、最多の球数を投げた田中は「良かったと思う球はなかった。球数は投げられたが、収穫はそんなになかった。こんな状態では(メジャーで)投げられるとは思っていない」と不満そうに話した。

 7月9日にDL入りしてからはPRP治療(血小板療法)を受けるなど、治療とリハビリに専念。その甲斐もあって当初の予定通り約6週間での実戦復帰プランは進んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る