日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急ピッチのマー君とは好対照…復帰遅れるダルの「計算」

 ダルビッシュ(28)の復帰が遅々として進まない。

 右肘の炎症は「登板をずらせば投げられる」くらいの症状。当初は復帰可能な25日にも戦列に戻る予定だったものの、調整はちっとも前に進まない。レンジャーズのワシントン監督は「25日はメドにしない。(復帰時期は)どうなるのか分からない」と言い出した。ダルは予定されていたマイアミ遠征に同行せず、本拠地アーリントンで治療を続けている。

 レンジャーズは目下メジャー最低勝率。球団も来季に向けたチームづくりに着手していて、エースが無理をする必要がない状況ではある。

 しかし、ダルの復帰が遅れている理由は、それだけではない。テキサスの地元紙記者は「おそらくタナカへの対抗心もある」という。

 ダルにとって、田中将大(25)はかつての弟分だった。しかし、年を追うごとに田中が成長。やがてダルは田中に、ライバル心を抱くようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事