マー君 故障再発は「捕手のサインにクビを振る」で防ぐ

公開日:  更新日:

 田中将大(25)が20日(日本時間21日)、本拠地ヤンキースタジアムのブルペンで2度目の投球練習を行った。スライダー、カーブ、スプリットも交えて35球。

「怖さを感じながら投げているわけではない。きょうはすべての球種を投げられた。どんどん試合レベルの球にしていければいいと思う」とは、練習後の本人だ。

 ブルペンで変化球を投げたのは故障後、初めて。週末、フリー打撃に登板、来週はマイナーでの実戦登板が予定されている。傾斜のあるマウンドから変化球を投げ、戦列復帰に向けて視界良好。しかし、田中が今後、実戦でベストな投球を続けるには、その変化球がポイントになるという指摘がある。

■頭脳派捕手ゆえに変化球を多く要求

「タナカが右肘靭帯を痛めた7月のインディアンス戦をたまたま見たんだが……」と、ア・リーグのあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る