マー君 故障再発は「捕手のサインにクビを振る」で防ぐ

公開日: 更新日:

 田中将大(25)が20日(日本時間21日)、本拠地ヤンキースタジアムのブルペンで2度目の投球練習を行った。スライダー、カーブ、スプリットも交えて35球。

「怖さを感じながら投げているわけではない。きょうはすべての球種を投げられた。どんどん試合レベルの球にしていければいいと思う」とは、練習後の本人だ。

 ブルペンで変化球を投げたのは故障後、初めて。週末、フリー打撃に登板、来週はマイナーでの実戦登板が予定されている。傾斜のあるマウンドから変化球を投げ、戦列復帰に向けて視界良好。しかし、田中が今後、実戦でベストな投球を続けるには、その変化球がポイントになるという指摘がある。

■頭脳派捕手ゆえに変化球を多く要求

「タナカが右肘靭帯を痛めた7月のインディアンス戦をたまたま見たんだが……」と、ア・リーグのあるスカウトがこう言った。

「タナカはあの試合でスライダーをやたら投げていた。肘を痛めた原因はスプリットの投げ過ぎなんて声を聞くけど、スプリット以上に負担がかかるのは実はスライダーなんだ。オレも投手だったから経験があるけど、投げるときに指先や手首でひねりを加える分、肘を痛めやすい。当日のタナカは左打者への初球のほとんどが、外角ボールゾーンからストライクゾーンに入ってくるスライダーだった。個人的にはスライダーの投げ過ぎでバチンといったんじゃないかと思ってるほど。そうやってスライダーから入って、2球目に多く投げていたのが勝負球のスプリット。あの試合も含めて、田中は開幕直後からやたら変化球が多い。あれだけ変化球を投げまくったら、そりゃ、肘もおかしくなるよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声