マー君 故障再発は「捕手のサインにクビを振る」で防ぐ

公開日: 更新日:

 田中将大(25)が20日(日本時間21日)、本拠地ヤンキースタジアムのブルペンで2度目の投球練習を行った。スライダー、カーブ、スプリットも交えて35球。

「怖さを感じながら投げているわけではない。きょうはすべての球種を投げられた。どんどん試合レベルの球にしていければいいと思う」とは、練習後の本人だ。

 ブルペンで変化球を投げたのは故障後、初めて。週末、フリー打撃に登板、来週はマイナーでの実戦登板が予定されている。傾斜のあるマウンドから変化球を投げ、戦列復帰に向けて視界良好。しかし、田中が今後、実戦でベストな投球を続けるには、その変化球がポイントになるという指摘がある。

■頭脳派捕手ゆえに変化球を多く要求

「タナカが右肘靭帯を痛めた7月のインディアンス戦をたまたま見たんだが……」と、ア・リーグのあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  9. 9

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る