日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マー君 故障再発は「捕手のサインにクビを振る」で防ぐ

 田中将大(25)が20日(日本時間21日)、本拠地ヤンキースタジアムのブルペンで2度目の投球練習を行った。スライダー、カーブ、スプリットも交えて35球。

「怖さを感じながら投げているわけではない。きょうはすべての球種を投げられた。どんどん試合レベルの球にしていければいいと思う」とは、練習後の本人だ。

 ブルペンで変化球を投げたのは故障後、初めて。週末、フリー打撃に登板、来週はマイナーでの実戦登板が予定されている。傾斜のあるマウンドから変化球を投げ、戦列復帰に向けて視界良好。しかし、田中が今後、実戦でベストな投球を続けるには、その変化球がポイントになるという指摘がある。

■頭脳派捕手ゆえに変化球を多く要求

「タナカが右肘靭帯を痛めた7月のインディアンス戦をたまたま見たんだが……」と、ア・リーグのあるスカウトがこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事