4日にブルペン入りも…マー君が今季中の復帰にこだわる理由

公開日: 更新日:

 復帰は早くてレギュラーシーズン終了間近の9月下旬。ヤンキースは地区優勝はもちろん、ワイルドカードゲームでのプレーオフ進出も疑問視されている。それでも今季中の復帰に意欲を燃やしているのが田中将大(25)だ。

 ジラルディ監督は31日(日本時間1日)、右肘の張りを訴えて地元ニューヨークでリハビリ中の田中が1日にチームドクターの診察を受けると発表した。患部に異常がなければ、早ければ4日にもブルペンでの投球練習を再開する。レギュラーシーズンは28日に終了するから、このままリハビリが順調に進んだとしても投げられるのは1試合か2試合。そこまでムリをする必要があるのかとクビをかしげたくもなる。

■高年俸選手の自覚も影響

 田中が今季中の復帰にこだわる理由のひとつは、自身の状態を確認するためだという。

 7月8日に戦列を離れるまで、両リーグトップの12勝(4敗)。メジャーでも抜けた数字を残したものの、右肘靭帯を部分断裂して以降も同様の投球ができる保証はどこにもない。同じように投げていれば再び故障する可能性もあると、フォームに手を入れているだけになおさらだ。来季、一からやり直さなければならないとすれば、オフの間も再び自分の投球ができるか、新たなフォームは問題ないかという不安と戦うことになる。それだったら今季が終わる前に自分の投球ができるかどうかを、実戦で確かめておきたい。そんな思惑が田中にはあるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る