4日にブルペン入りも…マー君が今季中の復帰にこだわる理由

公開日: 更新日:

 復帰は早くてレギュラーシーズン終了間近の9月下旬。ヤンキースは地区優勝はもちろん、ワイルドカードゲームでのプレーオフ進出も疑問視されている。それでも今季中の復帰に意欲を燃やしているのが田中将大(25)だ。

 ジラルディ監督は31日(日本時間1日)、右肘の張りを訴えて地元ニューヨークでリハビリ中の田中が1日にチームドクターの診察を受けると発表した。患部に異常がなければ、早ければ4日にもブルペンでの投球練習を再開する。レギュラーシーズンは28日に終了するから、このままリハビリが順調に進んだとしても投げられるのは1試合か2試合。そこまでムリをする必要があるのかとクビをかしげたくもなる。

■高年俸選手の自覚も影響

 田中が今季中の復帰にこだわる理由のひとつは、自身の状態を確認するためだという。

 7月8日に戦列を離れるまで、両リーグトップの12勝(4敗)。メジャーでも抜けた数字を残したものの、右肘靭帯を部分断裂して以降も同様の投球ができる保証はどこにもない。同じように投げていれば再び故障する可能性もあると、フォームに手を入れているだけになおさらだ。来季、一からやり直さなければならないとすれば、オフの間も再び自分の投球ができるか、新たなフォームは問題ないかという不安と戦うことになる。それだったら今季が終わる前に自分の投球ができるかどうかを、実戦で確かめておきたい。そんな思惑が田中にはあるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり