• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4日にブルペン入りも…マー君が今季中の復帰にこだわる理由

 復帰は早くてレギュラーシーズン終了間近の9月下旬。ヤンキースは地区優勝はもちろん、ワイルドカードゲームでのプレーオフ進出も疑問視されている。それでも今季中の復帰に意欲を燃やしているのが田中将大(25)だ。

 ジラルディ監督は31日(日本時間1日)、右肘の張りを訴えて地元ニューヨークでリハビリ中の田中が1日にチームドクターの診察を受けると発表した。患部に異常がなければ、早ければ4日にもブルペンでの投球練習を再開する。レギュラーシーズンは28日に終了するから、このままリハビリが順調に進んだとしても投げられるのは1試合か2試合。そこまでムリをする必要があるのかとクビをかしげたくもなる。

■高年俸選手の自覚も影響

 田中が今季中の復帰にこだわる理由のひとつは、自身の状態を確認するためだという。

 7月8日に戦列を離れるまで、両リーグトップの12勝(4敗)。メジャーでも抜けた数字を残したものの、右肘靭帯を部分断裂して以降も同様の投球ができる保証はどこにもない。同じように投げていれば再び故障する可能性もあると、フォームに手を入れているだけになおさらだ。来季、一からやり直さなければならないとすれば、オフの間も再び自分の投球ができるか、新たなフォームは問題ないかという不安と戦うことになる。それだったら今季が終わる前に自分の投球ができるかどうかを、実戦で確かめておきたい。そんな思惑が田中にはあるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る