マー君が中4日に悲鳴 周囲に「登板間隔があと1日あれば」

公開日:  更新日:

 ヤンキース・田中将大(25)はどう見ても下り坂、開幕時の勢いが完全に失せている。

 3日(日本時間4日)のツインズ戦は7回を9安打、4失点でメジャートップの12勝目(3敗)をマーク。チームと自身の連敗を止めたものの、デビュー戦からのクオリティースタート(6回以上を自責点3以内)は16でストップ。メジャーの新人記録更新はならなかった。

 試合後の本人が「全く良くなかった。投げる球は全部切れがなく、中途半端な球が多かった」と振り返った通り、変化球は高めに浮き、直球の最速は149キロ止まり。思うような投球ができず、マウンド上で表情を曇らせるシーンが目に付いた。

 開幕から17試合、一度もローテを飛ばすことなくフル回転。未体験ゾーンだった中4日の登板間隔が、ボディーブローのように心身をむしばんでいるのだろう。親しい放送関係者には、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る