幹部候補にはなれず? 日ハム稲葉の「精神論」に“劇薬”懸念

公開日: 更新日:

「ファイターズがファンに身近な存在になり得た最大の功労者のひとり。努力はうそをつかないとは稲葉選手の野球人生を言い表すものだと思う」

 2日、本拠地の札幌ドームで今季限りでの現役引退を表明した稲葉篤紀(42)に関して、小林浩オーナーは最大限の賛辞を贈った。

 2000本安打の名球会メンバーながら、アマ時代から注目されていたわけではない。法大から94年のドラフト3位でヤクルト入り。当時の野村監督が、たまたま長男の野村克則(明大)を観戦していたときに見いだした選手だ。名実ともにトッププレーヤーに上り詰めたのは、オーナーも言うように「努力」があればこそ。札幌ドームで試合のある日は、最後まで球場に残って素振りすることも珍しくない。努力の人、苦労人であるがゆえに中途半端な妥協は許せない。

■「兼任コーチ」を外したチームの判断

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る