日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

41歳・日本ハム稲葉「衰えは感じる」「指導者にはなりたい」

 打率.203、3本塁打。昨季はレギュラー定着後、最低の成績に終わった。「兼任打撃コーチ」の肩書を外し、選手に専念することになった今季。現役として正念場を迎える41歳に、これまでとこれからを聞いた。

■軽く考えすぎていた「兼任コーチ」

――おはようございます。キャンプでの調整は順調ですか。

「おはよう。まだ本調子じゃないところはあるね」

――今季は選手に専念できる環境になりました。

「『兼任コーチ』というものをちょっと軽く考えすぎていたかな。それに気づけた1年だった。教えながら結果を出すことの難しさを知った」

――昨年の不振は、その「兼任コーチ」という立場が原因ですか。

「それは言い訳になる。純粋に自分の力がなかっただけ。今までできていたことが、だんだんできなくなってきているのは感じてたしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事