• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

41歳・日本ハム稲葉「衰えは感じる」「指導者にはなりたい」

 打率.203、3本塁打。昨季はレギュラー定着後、最低の成績に終わった。「兼任打撃コーチ」の肩書を外し、選手に専念することになった今季。現役として正念場を迎える41歳に、これまでとこれからを聞いた。

■軽く考えすぎていた「兼任コーチ」

――おはようございます。キャンプでの調整は順調ですか。

「おはよう。まだ本調子じゃないところはあるね」

――今季は選手に専念できる環境になりました。

「『兼任コーチ』というものをちょっと軽く考えすぎていたかな。それに気づけた1年だった。教えながら結果を出すことの難しさを知った」

――昨年の不振は、その「兼任コーチ」という立場が原因ですか。

「それは言い訳になる。純粋に自分の力がなかっただけ。今までできていたことが、だんだんできなくなってきているのは感じてたしね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る