鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

初代なでしこ専任監督が見た中国戦 「不安材料がモロに出た」

公開日: 更新日:

 アジア大会で2連覇を狙う日本女子代表(なでしこジャパン)。初戦の中国戦(15日)はスコアレスドローに終わった。 今大会は大黒柱のMF沢穂希(36)、エースFW大儀見優季(27)がいない。佐々木則夫監督には、来年のW杯カナダ大会(6~7月)を見据えて「新しい選手にチャンスを与えて経験を積ませる」ことが必要となってくる。なでしこ初招集3選手の中で注目のFW増矢理花(19)は中国戦の後半10分、ゴール右下に強烈左足シュートを放った。GKの好セーブに阻まれたが、思い切りの良いプレーだった。

 増矢以外にも初招集の左SB臼井理恵(24)が先発したが、残念ながら試合自体は「代表ルーキーや若手がはつらつとプレーした」とは言い難く、不安材料の「ポゼッション(ボール支配率)のためのポゼッション」サッカーが、90分間を通して顔をのぞかせてしまった。


 チーム自体のバランスは良い。攻守の連係も取れているし、ボールのつながりも良かった。60%超のポゼッションを記録し、実際に試合の大半を優位に進めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る