率いるのは澤より大儀見 なでしこジャパンは「女王」交代

公開日:  更新日:

 15年カナダW杯予選兼アジア杯がベトナムで開幕。前回覇者オーストラリアとの一戦でFW大儀見優季(26)が別次元の存在感を見せてドロー決着の立役者となり、なでしこ女王の座が「沢」から「大儀見」に移ったことを印象づけた。

 前半21分にオーストラリアが先制。なかなか攻撃の形を作れない日本は35分、大黒柱・大儀見を投入した。するとハイレベルのプレーで試合の流れを手繰り寄せ、1-2で迎えた後半38分にFW川澄のクロスを左足ダイレクトで合わせて値千金の同点弾。世界トップの女子ストライカーぶりを強烈アピールだ。

「なでしこで一番脂の乗っている大儀見は、前回W杯で期待されながら出番を失い、その悔しさをバネに成長した。今のなでしこジャパンのカギを握っているのは、MF宮間と大儀見のホットラインです。一方で若手選手は良さを発揮できず、もっと思いっ切りプレーして欲しかった。それでも0-2とリードされてから、引き分けに持ち込む粘りを見せたのは、なでしこらしい戦いとして評価できると思います」(ノジマステラ神奈川相模原・菅野将晃監督)

 15歳で女子代表デビューし、長年なでしこを支えてきたMF沢も、35歳となって衰えは隠せず、大事な初戦をベンチウオーマーとして過ごした。主役交代。これからは「大儀見率いる」なでしこジャパンなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る