率いるのは澤より大儀見 なでしこジャパンは「女王」交代

公開日:  更新日:

 15年カナダW杯予選兼アジア杯がベトナムで開幕。前回覇者オーストラリアとの一戦でFW大儀見優季(26)が別次元の存在感を見せてドロー決着の立役者となり、なでしこ女王の座が「沢」から「大儀見」に移ったことを印象づけた。

 前半21分にオーストラリアが先制。なかなか攻撃の形を作れない日本は35分、大黒柱・大儀見を投入した。するとハイレベルのプレーで試合の流れを手繰り寄せ、1-2で迎えた後半38分にFW川澄のクロスを左足ダイレクトで合わせて値千金の同点弾。世界トップの女子ストライカーぶりを強烈アピールだ。

「なでしこで一番脂の乗っている大儀見は、前回W杯で期待されながら出番を失い、その悔しさをバネに成長した。今のなでしこジャパンのカギを握っているのは、MF宮間と大儀見のホットラインです。一方で若手選手は良さを発揮できず、もっと思いっ切りプレーして欲しかった。それでも0-2とリードされてから、引き分けに持ち込む粘りを見せたのは、なでしこらしい戦いとして評価できると思います」(ノジマステラ神奈川相模原・菅野将晃監督)

 15歳で女子代表デビューし、長年なでしこを支えてきたMF沢も、35歳となって衰えは隠せず、大事な初戦をベンチウオーマーとして過ごした。主役交代。これからは「大儀見率いる」なでしこジャパンなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

もっと見る