• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

率いるのは澤より大儀見 なでしこジャパンは「女王」交代

 15年カナダW杯予選兼アジア杯がベトナムで開幕。前回覇者オーストラリアとの一戦でFW大儀見優季(26)が別次元の存在感を見せてドロー決着の立役者となり、なでしこ女王の座が「沢」から「大儀見」に移ったことを印象づけた。

 前半21分にオーストラリアが先制。なかなか攻撃の形を作れない日本は35分、大黒柱・大儀見を投入した。するとハイレベルのプレーで試合の流れを手繰り寄せ、1-2で迎えた後半38分にFW川澄のクロスを左足ダイレクトで合わせて値千金の同点弾。世界トップの女子ストライカーぶりを強烈アピールだ。

「なでしこで一番脂の乗っている大儀見は、前回W杯で期待されながら出番を失い、その悔しさをバネに成長した。今のなでしこジャパンのカギを握っているのは、MF宮間と大儀見のホットラインです。一方で若手選手は良さを発揮できず、もっと思いっ切りプレーして欲しかった。それでも0-2とリードされてから、引き分けに持ち込む粘りを見せたのは、なでしこらしい戦いとして評価できると思います」(ノジマステラ神奈川相模原・菅野将晃監督)

 15歳で女子代表デビューし、長年なでしこを支えてきたMF沢も、35歳となって衰えは隠せず、大事な初戦をベンチウオーマーとして過ごした。主役交代。これからは「大儀見率いる」なでしこジャパンなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る