日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10代選手の胸触ってクビ…なでしこ「セクハラ監督」の評判

 Jリーグでセクハラ事件がボッ発した。J2千葉は12日、なでしこリーグ参戦中の「千葉レディース」の上村崇士総監督(40)について「情報が入り、社外の弁護士に調査を依頼。セクシャルハラスメント行為が認められた。事態を重く受け止め、契約を即時解除することにした」と千葉・島田社長が発表したのだ。

 長崎・国見高OBの上村総監督は、191センチの長身を武器に、CFとして高校選手権優勝にも貢献。日本ユース代表にも選ばれ、92年に横浜F(当時)に入団した。神戸、川崎、C大阪、千葉などを渡り歩いて03年から指導者に転身。08年には千葉レディースを1部リーグに昇格させた。

「選手としては大成しなかったが、現役時代からジャンボのアダ名で親しまれ、サッカー界での評判は決して悪くない。しかし、スキンシップ重視の熱血指導が誤解を呼び、13年シーズン中にもセクハラ疑惑が囁かれた。結局、シーズン終了後にトップチームの監督を外され、下部組織を含めた総監督に“降格”させられたばかりだった」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事