10代選手の胸触ってクビ…なでしこ「セクハラ監督」の評判

公開日:  更新日:

 Jリーグでセクハラ事件がボッ発した。J2千葉は12日、なでしこリーグ参戦中の「千葉レディース」の上村崇士総監督(40)について「情報が入り、社外の弁護士に調査を依頼。セクシャルハラスメント行為が認められた。事態を重く受け止め、契約を即時解除することにした」と千葉・島田社長が発表したのだ。

 長崎・国見高OBの上村総監督は、191センチの長身を武器に、CFとして高校選手権優勝にも貢献。日本ユース代表にも選ばれ、92年に横浜F(当時)に入団した。神戸、川崎、C大阪、千葉などを渡り歩いて03年から指導者に転身。08年には千葉レディースを1部リーグに昇格させた。

「選手としては大成しなかったが、現役時代からジャンボのアダ名で親しまれ、サッカー界での評判は決して悪くない。しかし、スキンシップ重視の熱血指導が誤解を呼び、13年シーズン中にもセクハラ疑惑が囁かれた。結局、シーズン終了後にトップチームの監督を外され、下部組織を含めた総監督に“降格”させられたばかりだった」(サッカー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る