日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なでしこアジア杯初V 若手奮闘でハッキリした“澤の処遇”

 なでしこジャパンが25日、悲願のアジア杯制覇を成し遂げた。

 今大会のなでしこはハンディあり。欧州組の大半が出場できず、フル参戦はフランス・モンペリエ所属の宇津木瑠美(25)だけ。エースFW大儀見優季(26)はグループリーグ3試合の限定出場だった。
 それでも何とか若手をやりくりしながら決勝まで進み、強敵オーストラリア相手に1―0の完封勝利である。

 アジア杯初優勝で、ますます気になるのが澤穂希(35)の今後の処遇だ。

 女子サッカーにとって最大の栄誉は五輪金メダル。15年W杯カナダ大会ではなく、再来年の16年リオ五輪優勝に照準を合わせたい。そうなるとリオ五輪を37歳で迎える澤は、フィジカル的にも限界の可能性が高い。決勝でも後半20分、運動量が激減してFW菅沢優衣香(23)に代わってベンチ送り。いつまでも澤に頼っているのはマイナスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事