女子アジア杯 中国が「なでしこ」に勝てなかった決定的要因

公開日: 更新日:

 22日の女子サッカー・アジア杯準決勝で中国と対戦した「なでしこジャパン」は、延長後半終了間際のラストプレーで宮間のCKに岩清水が頭で合わせ勝ち越しゴール。長い戦いに終止符を打った。佐々木監督は「選手が最後までよく走ってくれた。なでしこの粘り勝ち」と言った。日本は5大会ぶりの決勝進出。アジア杯初優勝に王手をかけた。

 一方の中国は対日本戦8連敗。得意のクロス攻撃もシュートにまで至らず中島のハンドによるPKで得た1点だけだった。

 それにしても中国のラフプレーはひどかった。ヘディングで争う際はボールではなく、日本選手の顔面に頭をぶつけてくる。日本選手より背が高く、体重もあるだけに非常に危険なプレーだ。同点以降はフリーキックを与えられてもなかなかボールを蹴らず4度も注意を受けた。延長後半には遅延行為で2枚目のイエローカードをもらったDFがプレーを続け、佐々木監督のアピールによって主審が気付いて退場させるというお粗末な一幕もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る