来季巨人残留が微妙なロペス CSファイナルでは就職活動

公開日:  更新日:

 巨人に目の色を変えている助っ人がいる。

 15日からのCSファイナルステージへ向け、巨人は今日8日から練習期間に入る。外国人選手にとって、CS、日本シリーズと続くポストシーズンは、所属球団への残留をアピールするだけでなく、他球団への売り込みの場にもなる。原監督はCSの切り札にセペダの名前を挙げていた。

 ある球団関係者は「抑えのマシソンは来季までの2年契約だから残留。クリーンアップのアンダーソンも残留が濃厚。セドンはアウト。監督にキーマンに指名されたセペダは宮崎のフェニックスリーグに参戦中だけど、キューバとの関係を考えても、来年は巨人には戻ってこないともっぱら。微妙なのはロペス。CSではセペダより爆発する期待が高い」と話した。

 ロペスと近しい別の球界関係者が言う。

「巨人の一塁は来季、阿部が守る可能性がある。ロペスは二塁、三塁が本職だけど、川相ヘッドコーチが『横に動けないから二塁はムリ』と一塁限定の起用だった。巨人は村田がいるけど、三塁の守備は問題ない。今年は打率.243だったとはいえ、昨年は・303でリーグ5位。フリーになれば、あの打撃力を他は放っておかないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る