打撃力とルックスを絶賛…巨人にDeNAグリエル「待望論」

公開日: 更新日:

 巨人チーム内に、8月30日までの2試合で味方投手が9打数7安打と打たれまくったDeNAのグリエル(30)のファンが急増している。31日の試合前には、坂本がこう絶賛していた。

「スイングスピードが速いから打球も速い。穴も少ないし、インコースもくるっと回ってうまく打ちますよね。オレと同じタイプかって? いやいや、全然、オレとはパワーが違いますから」

 キューバからの助っ人は現在、グリエルのほかには巨人にセペダ、メンドーサ、ロッテにデスパイネが在籍している。4選手は全員、今季終了までの契約。来季については、キューバ政府が改めて所属先を検討し、日本球団の希望に応じて振り分けるとみられている。

「だったら、グリエルはうちに来るんじゃないですか? そもそもはセペダではなく、グリエルの獲得を球団が希望していたって話もあるじゃないですか。グリエルは打って守って走れる。来れば巨人史上最強の助っ人になりますよ」とは、別の中堅選手。どこから情報収集したのか、こう続けた。

「日本食はほとんどダメで、食べられるものが限られるから、それには苦労しているみたい。飛行機恐怖症でもあるしね。聞いたところによると、酒や(小指を立てて)こっちも結構、ヤンチャなタイプらしい。同じキューバ人でも、セペダはマジメだけど、グリエルは巨人のチームカラーに合うかどうか。でも、やっぱりかっこいいよね。ビジュアルもいいから、人気も出るはずですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”