FA黒田にオファーなくヤンキースと“決別” 他球団に移籍へ

公開日: 更新日:

 今季のヤンキース投手陣を支えたベテラン右腕の移籍が現実味を帯びてきた。

 旧所属球団がFA選手に対して1年契約を提示する「クオリファイング・オファー」(QO)の申請が3日(日本時間4日)に締め切られ、ヤンキースは黒田博樹(39)にオファーしなかった。

 QOは12年に導入されたFA移籍に伴う旧所属球団への補償制度。戦力として計算する選手に対して、その年の年俸上位125選手の平均年俸額(今年は1530万ドル=約17億4400万円)で引き留めを図るものだ。その選手がQOを拒否して他球団と契約した場合、見返りにドラフト上位指名権を得る。

 今季の黒田は32試合に登板して11勝9敗、防御率3・71。サバシア、田中ら先発陣が相次いで故障で離脱する中、唯一、ローテーションを守った。5年連続2ケタ勝利をマークしたが、ヤンキースは来年の2月で40歳になる黒田に1530万ドルの価値はないと判断したようだ。

 黒田を巡っては、複数のメジャー球団が獲得に動くとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る