FA黒田にオファーなくヤンキースと“決別” 他球団に移籍へ

公開日:  更新日:

 今季のヤンキース投手陣を支えたベテラン右腕の移籍が現実味を帯びてきた。

 旧所属球団がFA選手に対して1年契約を提示する「クオリファイング・オファー」(QO)の申請が3日(日本時間4日)に締め切られ、ヤンキースは黒田博樹(39)にオファーしなかった。

 QOは12年に導入されたFA移籍に伴う旧所属球団への補償制度。戦力として計算する選手に対して、その年の年俸上位125選手の平均年俸額(今年は1530万ドル=約17億4400万円)で引き留めを図るものだ。その選手がQOを拒否して他球団と契約した場合、見返りにドラフト上位指名権を得る。

 今季の黒田は32試合に登板して11勝9敗、防御率3・71。サバシア、田中ら先発陣が相次いで故障で離脱する中、唯一、ローテーションを守った。5年連続2ケタ勝利をマークしたが、ヤンキースは来年の2月で40歳になる黒田に1530万ドルの価値はないと判断したようだ。

 黒田を巡っては、複数のメジャー球団が獲得に動くとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る