元広島コーチが分析 ヤンキース黒田「衰えない肉体」の秘密

公開日:  更新日:

 故障者続出のヤンキース先発陣の中でただひとり、ローテーションに残っているのが黒田博樹(39)だ。

 ここまで24試合に登板し、7勝8敗と勝ち星に恵まれないものの、クオリティースタート(QS=6回以上を自責点3以内)は14試合。投手の台所事情が苦しい中、孤軍奮闘を続けている。7月25日のブルージェイズ戦でメジャー200試合目の先発登板に到達。日本人投手では野茂英雄に次ぐ記録だ。

 そのタフな仕事ぶりは米メディアから「ワークホース(馬車馬のように働く)」とまで持ち上げられている。

 ベテラン右腕の強靭な肉体について「若い頃からのトレーニングと研究のたまものでしょう」というのはプロ1年目からの黒田を知る広島の元トレーニングコーチ・石橋秀幸氏だ。

「上背があって手足も長い恵まれた体形ですが、入団時にスクワットでMAX300キロを記録するなど、すでに筋力は抜きんでていた。肘を伸ばす力、引く力はほぼ均等で筋力のバランスも良かった。コンディショニングにもたけており、広島市民球場でのナイターの登板後には照明が半分消えた薄暗い中、クールダウンしたり、登板のない日は地方球場で試合がある場合でも、周辺のジムを探してウエートに励んでいたほどです。いい意味で負けん気も強く、マスコミに『(同期でドラフト1位の)沢崎(俊和=現二軍投手コーチ)だけには絶対に負けません』(黒田はドラフト2位)とライバル意識を口にしていたのを覚えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る