抜群の安定感もネックは年齢か…気になる黒田の「来季年俸」

公開日:  更新日:

 エースのサバシアもルーキーの田中将大もケガで戦列を離脱。故障者続出のヤンキースで、開幕からただひとり先発ローテーションを守る黒田博樹(39)が30日(日本時間31日)、テキサスで行われたレンジャーズ戦に登板した。元・広島のルイスと投げ合い、今季最多115球を投げるも、7回3失点で7敗目を喫した。

 ここまで22試合に登板して7勝7敗、防御率3・98。今季も安定した投球を続けているとはいえ、なにしろ来年の2月には40歳の大台を迎えるベテランだ。ヤンキースとは今季年俸16億円の1年契約。果たしてこのオフ、選手の年齢とカネにシビアな名門球団からオファーは届くのか。

 アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏は、「可能性はあります」とこう続ける。

「黒田はこれまで、大きな故障で戦列を離れた経験がありません。40歳という年齢が問題視される以上に、年間通じてローテーションを守りながら一定の成績を残す息の長い投手としての評価の方が高いと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る