日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

抜群の安定感もネックは年齢か…気になる黒田の「来季年俸」

 エースのサバシアもルーキーの田中将大もケガで戦列を離脱。故障者続出のヤンキースで、開幕からただひとり先発ローテーションを守る黒田博樹(39)が30日(日本時間31日)、テキサスで行われたレンジャーズ戦に登板した。元・広島のルイスと投げ合い、今季最多115球を投げるも、7回3失点で7敗目を喫した。

 ここまで22試合に登板して7勝7敗、防御率3・98。今季も安定した投球を続けているとはいえ、なにしろ来年の2月には40歳の大台を迎えるベテランだ。ヤンキースとは今季年俸16億円の1年契約。果たしてこのオフ、選手の年齢とカネにシビアな名門球団からオファーは届くのか。

 アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏は、「可能性はあります」とこう続ける。

「黒田はこれまで、大きな故障で戦列を離れた経験がありません。40歳という年齢が問題視される以上に、年間通じてローテーションを守りながら一定の成績を残す息の長い投手としての評価の方が高いと思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事