「野村監督辞任」は広島からヤンキース黒田への“ラブコール”

公開日:  更新日:

 広島の野村謙二郎監督(48)の辞任が8日、発表された。CSファーストステージを直前に控えたこの時期の球団発表に球界は騒然としたが、実は辞任自体は既定路線。野村監督の退団は今季開幕前からチーム周辺でささやかれ、これまで何度も記事になっていた。

 昨年はストレスなどで肉体、精神ともにボロボロ。病院に通い、睡眠薬など処方された薬を飲みながら何とか13年シーズンを乗り切った。オフには「限界です」と辞意を申し入れたものの、松田オーナーから「情けないことを言うな!」と一喝され、1年契約で続投したという経緯がある。すでに後任には緒方孝市野手総合・ベンチ担当コーチ(45)の昇格が内定している。

 8日、教育リーグのロッテ戦後に取材に応じた野村監督も、「シーズン前から今季でけじめをつけようと思っていた。(CS直前で)タイミングが悪いのは重々承知。選手にはこういう形になって申し訳ないと伝えた」と、今季限りで辞めるつもりでいたことを吐露している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る