来季こそ…「台湾の英雄」王建民を狙う日本球界の皮算用

公開日: 更新日:

 王建民(34)といえば、台湾の英雄。06、07年はヤンキースのエース格として2年連続19勝した実績もある。そんな王の去就に注目が集まっている。

 昨オフは台湾でソフトバンク入りが報道されたが、最終的に米国に残留。「王サイドが売り込んだが、ソフトバンクが拒否した」「いや、王がメジャーにこだわった」とさまざまなウワサが飛び交っていた。

 昨季はブルージェイズで1勝。今季はメジャー出場ゼロ。レッズ、ホワイトソックス傘下3Aで28試合に先発し、13勝8敗、防御率4.12だった。
 メジャー断念の可能性もあることから、台湾球界は興味津々。

「台湾の野球連盟である中華職棒は昨年、海外選手に対するルールを改定。これまでは台湾でのプロ野球経験の有無に関係なく、海外でプレーした選手が台湾球界に戻る場合はドラフトにかからなければいけなかった。それがFA扱いになり、どの球団とも交渉できるようになった」(現地関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る