• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来季こそ…「台湾の英雄」王建民を狙う日本球界の皮算用

 王建民(34)といえば、台湾の英雄。06、07年はヤンキースのエース格として2年連続19勝した実績もある。そんな王の去就に注目が集まっている。

 昨オフは台湾でソフトバンク入りが報道されたが、最終的に米国に残留。「王サイドが売り込んだが、ソフトバンクが拒否した」「いや、王がメジャーにこだわった」とさまざまなウワサが飛び交っていた。

 昨季はブルージェイズで1勝。今季はメジャー出場ゼロ。レッズ、ホワイトソックス傘下3Aで28試合に先発し、13勝8敗、防御率4.12だった。
 メジャー断念の可能性もあることから、台湾球界は興味津々。

「台湾の野球連盟である中華職棒は昨年、海外選手に対するルールを改定。これまでは台湾でのプロ野球経験の有無に関係なく、海外でプレーした選手が台湾球界に戻る場合はドラフトにかからなければいけなかった。それがFA扱いになり、どの球団とも交渉できるようになった」(現地関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る