日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

指揮官がゾッコン イチロー来季「ジャイアンツ入り」が急浮上

「安打製造機」が来季、ナ・リーグのチャンピオンチームでプレーする可能性が出てきた。ジャイアンツのボウチー監督が、今季限りで契約が切れるヤンキース・イチロー(41)を評価しているからだ。

 今季のイチローは当初、外野手の5番手の位置付けながら、143試合に出場して359打数102安打の打率2割8分4厘。主に代打や守備要員で使われたが、少ないチャンスを生かし、まずまずの結果を残した。ヤンキースが再契約を見送るのは確実で、今オフにはFAになる。

 ボウチー監督は2007年、ジャイアンツの監督に就任。当初は史上最多の762本塁打を放ったバリー・ボンズら強打者を擁し、大味な野球が目立ったものの、もともと機動力を用いてスモールベースボールを駆使するタイプだ。世界一になった12年にはチーム盗塁数118(リーグ3位)、犠打数69(同6位)と小技を多用した。打撃に陰りが見え始めたとはいえ、依然として小回りが利くイチローを高く評価しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事