指揮官がゾッコン イチロー来季「ジャイアンツ入り」が急浮上

公開日:  更新日:

「安打製造機」が来季、ナ・リーグのチャンピオンチームでプレーする可能性が出てきた。ジャイアンツのボウチー監督が、今季限りで契約が切れるヤンキース・イチロー(41)を評価しているからだ。

 今季のイチローは当初、外野手の5番手の位置付けながら、143試合に出場して359打数102安打の打率2割8分4厘。主に代打や守備要員で使われたが、少ないチャンスを生かし、まずまずの結果を残した。ヤンキースが再契約を見送るのは確実で、今オフにはFAになる。

 ボウチー監督は2007年、ジャイアンツの監督に就任。当初は史上最多の762本塁打を放ったバリー・ボンズら強打者を擁し、大味な野球が目立ったものの、もともと機動力を用いてスモールベースボールを駆使するタイプだ。世界一になった12年にはチーム盗塁数118(リーグ3位)、犠打数69(同6位)と小技を多用した。打撃に陰りが見え始めたとはいえ、依然として小回りが利くイチローを高く評価しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る