• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無四球勝利にも辛口 桑田真澄氏なぜ巨人沢村を目の敵に?

 巨人の沢村拓一(26)がまた勝った。11日の阪神戦。七回に2点を失い、連続無失点記録こそ22イニングで止まったものの、無四球(死球1)で挙げた今季4勝目に原監督は、「非常に安定感があった。緩急も含め、ストライクゾーンを広く使えるようになったよね。非常にいい階段を上っていると思います」と目を細めた。

 だが、それとはまったく逆の見方をしていたのが、この日の試合を民放地上波放送で解説していた巨人OBの桑田真澄氏(46)だ。

 沢村がスコアボードにゼロを並べても、「制球が甘い」「球が高い」と注文をつけ、初回に3四死球を与えて4失点した阪神先発の能見を引き合いに出し、「投球の内容は沢村君より能見君の方がいいです」と何度も繰り返した。

「マウンド上で沢村君は不安だと思いますよ」と、いつ打たれてもおかしくないとの“予想”を披露、その後も無失点投球が続くと、「小林君がいいリードをしています」とバッテリーを組んだ新人捕手の方を持ち上げるといった具合である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る