• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賞金王でもマスターズ厳しい小田孔明がすがる“頼みの綱”

 今大会ベスト5に入って、来年4月のメジャー、マスターズの出場(年内世界ランク50位以内資格)を決める――。

 そのためにわざわざタイまで出掛けた、日本ツアー賞金王の小田孔明(36=世界ランク53位)だったが、最終日はスコアを2つ落とし、通算9オーバー50位タイとあえなく撃沈。マスターズが遠のいた。

 残る方法はマスターズ前週までに世界ランク50位以内に入るか、米ツアーで勝つか、だ。しかしランクを稼ごうにもマスターズ前に日本ツアーは始まっておらず、また米ツアーの出場資格がない小田が試合に出るためにはスポンサー推薦枠を使うしかなく、厳しい状況であるのは間違いない。

 となると、頼みの綱はマスターズを中継するTBSの“裏ワザ”次第となる。過去、日本ツアーで賞金王のタイトルを獲得し、マスターズに出場しなかった日本人選手は前田新作(1984年)だけ。1963年以降、毎年2人以上(02、03、11年は最多の4人)の日本人が招待枠を使って出場しているのも、TBSの力が大きい。例年通りなら、小田にも招待状が届くハズなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る