賞金王でもマスターズ厳しい小田孔明がすがる“頼みの綱”

公開日: 更新日:

 今大会ベスト5に入って、来年4月のメジャー、マスターズの出場(年内世界ランク50位以内資格)を決める――。

 そのためにわざわざタイまで出掛けた、日本ツアー賞金王の小田孔明(36=世界ランク53位)だったが、最終日はスコアを2つ落とし、通算9オーバー50位タイとあえなく撃沈。マスターズが遠のいた。

 残る方法はマスターズ前週までに世界ランク50位以内に入るか、米ツアーで勝つか、だ。しかしランクを稼ごうにもマスターズ前に日本ツアーは始まっておらず、また米ツアーの出場資格がない小田が試合に出るためにはスポンサー推薦枠を使うしかなく、厳しい状況であるのは間違いない。

 となると、頼みの綱はマスターズを中継するTBSの“裏ワザ”次第となる。過去、日本ツアーで賞金王のタイトルを獲得し、マスターズに出場しなかった日本人選手は前田新作(1984年)だけ。1963年以降、毎年2人以上(02、03、11年は最多の4人)の日本人が招待枠を使って出場しているのも、TBSの力が大きい。例年通りなら、小田にも招待状が届くハズなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る