• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本オープンV自画自賛 池田勇太の独演会に「プロ失格」の声

 池田勇太の優勝で幕を閉じた日本オープン(千葉CC梅郷コース=7081ヤード・パー70)。

 今年は特別招待で出場したアダム・スコット(34)のおかげで、4日間2万9142人もの観客が集まり大会は賑わったものの、目の肥えたファンにとって、試合内容はつまらなかったはずだ。

 最終日の最終組は、3日間で12アンダーまでスコアを伸ばした池田勇太(28)と、3打差2位につけた片山晋呉(41)のペアリング。日本オープンといえば「ゴルファー日本一」を決める大会だから、ラフは長く、フェアウエー幅が狭く、高速グリーンと例年タフな設定で知られ、優勝スコアはイーブンパー前後の熾烈な戦いになる。そこが見どころであり、ファンも選手がボギーをたたかない必死なプレーを固唾をのんで見守る。

 しかし今年はよほど簡単だったのか、最終組の2人はともに3日間60台だったから拍子抜けだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る