日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本オープンV自画自賛 池田勇太の独演会に「プロ失格」の声

 池田勇太の優勝で幕を閉じた日本オープン(千葉CC梅郷コース=7081ヤード・パー70)。

 今年は特別招待で出場したアダム・スコット(34)のおかげで、4日間2万9142人もの観客が集まり大会は賑わったものの、目の肥えたファンにとって、試合内容はつまらなかったはずだ。

 最終日の最終組は、3日間で12アンダーまでスコアを伸ばした池田勇太(28)と、3打差2位につけた片山晋呉(41)のペアリング。日本オープンといえば「ゴルファー日本一」を決める大会だから、ラフは長く、フェアウエー幅が狭く、高速グリーンと例年タフな設定で知られ、優勝スコアはイーブンパー前後の熾烈な戦いになる。そこが見どころであり、ファンも選手がボギーをたたかない必死なプレーを固唾をのんで見守る。

 しかし今年はよほど簡単だったのか、最終組の2人はともに3日間60台だったから拍子抜けだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事