生え抜き選手は年俸安め…DeNAはまるで“外様天国”

公開日:  更新日:

「自由契約なのにえらく好待遇だな」

 18日に入団会見を行ったDeNAの岡島秀樹(38)に、周辺からは嫉妬の声が聞こえてくる。

 このオフにソフトバンクをクビになったこのベテラン左腕に、DeNAは1年契約の年俸6000万円プラス出来高を提示。今季は44試合で4勝4敗、防御率2.11と結果を残したとはいえ、年俸5500万円から異例の昇給となった。

「それにしてもDeNAは外様、助っ人選手に甘い」

 と、あるベイスターズOBがこう言った。

「グリエルには契約金を含めて総額で5億円を支払う。尚成は2年契約とはいえ、今季0勝で6000万円の現状維持。元巨人の中継ぎ左腕の林は3年契約を勝ち取った。一方、生え抜き組は全体的に給料が抑えられる傾向がある。投手で三上が今季950万円から3200万円に、野手では梶谷、筒香もそれなりに上がったが、年俸の安い選手が大幅減を強いられたり、査定ポイントで上位5人に入っている選手がダウンしたケースもある。梶谷や黒羽根は、『喫煙をしたら背番号を今のヒトケタから元の番号(梶谷が63、黒羽根が59)に戻す』と球団から通告されているとも聞く。生え抜きは肩身が狭い思いをしているんじゃないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る