地味ながら着実に補強…来季のDeNAは怖いチームになる

公開日:  更新日:

 セの台風の目になるかもしれない。

 11日、DeNAの主力2人が契約を更改した。6月から8年ぶりに先発復帰した山口俊(27)は800万増の8800万円でサイン。シーズン途中からとはいえ8勝5敗、防御率2.90の成績を残し、「来季は先発で。沢村賞を目指したい」と笑顔を見せた。ルーキーながら守護神として1勝4敗、21セーブ、防御率2.33の三上朋也(25)は2250万円アップの3200万円だ。

 今オフ、話題になる球団といえば、大補強を敢行するソフトバンクやオリックスばかり。DeNAは金城の巨人移籍やブランコ退団などが活字になるも、目立った補強といえばソフトバンクを自由契約になった岡島を獲得したくらいだ。

 が、だからといって来季もBクラスとは限らない。今季は5位に終わるも、終盤には阪神らと3位争いを繰り広げた。2ケタ勝利した井納、久保に山口を加えた3本柱がおり、守護神の三上は盤石。不安定だったセットアッパーも、岡島の加入で解消する。

 野手もブランコの抜けた穴埋めに巨人を退団したロペスが濃厚。さらにグリエルが残留すれば、打力は何の不安もないだろう。

 目立った動きはなくとも、着実に戦力を整えつつあるDeNA。他のセ球団は甘く見ていると足をすくわれかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る