実戦初登板で大炎上も…DeNA尚成が見せた“老獪”調整

公開日:  更新日:

 1回4失点の結果にも、表情は涼しげだった。5年ぶりに日本球界に復帰したDeNAの尚成(38=ロッキーズ3A)が27日、韓国ネクセン戦で実戦初登板。4連打で4点を奪われる内容にも「良かったと思う」とキッパリ。「結果は良くなかったけれど、打者にしっかりと自分の球を投げられた」と振り返った。

 尚成はこの日、ひとつの実験をしていた。勝負球であるチェンジアップの封印だ。「チェンジアップを使わずにどう抑えていくかということを考えた。見事に打たれた。あの球は必要だと実感した」と、炎上は織り込み済みだった。

 尚成にとってのチェンジアップは生命線。打者の左右を問わず、内角を突き、チェンジアップで打ち取るのが尚成のスタイル。決め球を封印したら打たれても当然で、結果は度外視すべきだろう。

■打たれるのはあくまで「研究」のため

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る