実戦初登板で大炎上も…DeNA尚成が見せた“老獪”調整

公開日: 更新日:

 1回4失点の結果にも、表情は涼しげだった。5年ぶりに日本球界に復帰したDeNAの尚成(38=ロッキーズ3A)が27日、韓国ネクセン戦で実戦初登板。4連打で4点を奪われる内容にも「良かったと思う」とキッパリ。「結果は良くなかったけれど、打者にしっかりと自分の球を投げられた」と振り返った。

 尚成はこの日、ひとつの実験をしていた。勝負球であるチェンジアップの封印だ。「チェンジアップを使わずにどう抑えていくかということを考えた。見事に打たれた。あの球は必要だと実感した」と、炎上は織り込み済みだった。

 尚成にとってのチェンジアップは生命線。打者の左右を問わず、内角を突き、チェンジアップで打ち取るのが尚成のスタイル。決め球を封印したら打たれても当然で、結果は度外視すべきだろう。

■打たれるのはあくまで「研究」のため

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る