実戦初登板で大炎上も…DeNA尚成が見せた“老獪”調整

公開日:  更新日:

 1回4失点の結果にも、表情は涼しげだった。5年ぶりに日本球界に復帰したDeNAの尚成(38=ロッキーズ3A)が27日、韓国ネクセン戦で実戦初登板。4連打で4点を奪われる内容にも「良かったと思う」とキッパリ。「結果は良くなかったけれど、打者にしっかりと自分の球を投げられた」と振り返った。

 尚成はこの日、ひとつの実験をしていた。勝負球であるチェンジアップの封印だ。「チェンジアップを使わずにどう抑えていくかということを考えた。見事に打たれた。あの球は必要だと実感した」と、炎上は織り込み済みだった。

 尚成にとってのチェンジアップは生命線。打者の左右を問わず、内角を突き、チェンジアップで打ち取るのが尚成のスタイル。決め球を封印したら打たれても当然で、結果は度外視すべきだろう。

■打たれるのはあくまで「研究」のため

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る