グリエルも逃し…巨人がストーブリーグ“歴史的惨敗”の原因

公開日: 更新日:

 球界に衝撃が走った。15日、巨人が獲得に乗り出していたキューバ人助っ人、ユリエスキ・グリエル(30)のDeNA残留が大筋で合意したからだ。契約は1年で、年俸は総額で推定5億円だという。

 条件では巨人が上回っていたとされる。中南米球界事情に精通する関係者によると、「当初DeNAは、今季の年俸1億円より大幅に増額した1年3億円以上を提示していた。巨人は一時、2年8億円ほどを提示していた」という。

 では、なぜ敗れたのか。「金額だけでなく、本人の意向をくんだキューバ政府側の条件があって、それがネックになった」と、この関係者が続ける。

「(1)本職の三塁固定(2)実弟のユニエルキスとのセット契約(3)春季キャンプの参加免除(4)苦手な飛行機での遠征は本人の意向をくむ(5)キューバからのコーチ派遣の受け入れ。他にも細かい条件が複数あったようです。巨人の立場で検証すると、(1)は村田がいる。(2)は支配下枠70人がすでに迫っているため、弟には『育成』を提示したもよう。キューバリーグの真っ最中だけに(3)は仕方ないところだが、『横一線』を強調する原監督が早期合流を望み、難色を示した可能性がある。(4)も巨人は特別扱いできないという方針。結局のめた条件は今季も実績がある(5)くらいだったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る