グリエルも逃し…巨人がストーブリーグ“歴史的惨敗”の原因

公開日:  更新日:

 球界に衝撃が走った。15日、巨人が獲得に乗り出していたキューバ人助っ人、ユリエスキ・グリエル(30)のDeNA残留が大筋で合意したからだ。契約は1年で、年俸は総額で推定5億円だという。

 条件では巨人が上回っていたとされる。中南米球界事情に精通する関係者によると、「当初DeNAは、今季の年俸1億円より大幅に増額した1年3億円以上を提示していた。巨人は一時、2年8億円ほどを提示していた」という。

 では、なぜ敗れたのか。「金額だけでなく、本人の意向をくんだキューバ政府側の条件があって、それがネックになった」と、この関係者が続ける。

「(1)本職の三塁固定(2)実弟のユニエルキスとのセット契約(3)春季キャンプの参加免除(4)苦手な飛行機での遠征は本人の意向をくむ(5)キューバからのコーチ派遣の受け入れ。他にも細かい条件が複数あったようです。巨人の立場で検証すると、(1)は村田がいる。(2)は支配下枠70人がすでに迫っているため、弟には『育成』を提示したもよう。キューバリーグの真っ最中だけに(3)は仕方ないところだが、『横一線』を強調する原監督が早期合流を望み、難色を示した可能性がある。(4)も巨人は特別扱いできないという方針。結局のめた条件は今季も実績がある(5)くらいだったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る